アパートから違う新居に引っ越す際に見落としがちなのが二重家賃に関する事ですがそれを防ぐための方法を書きました。

アパート1階を借りた場合のメリット
アパート1階を借りた場合のメリット

アパートから引っ越す際の二重家賃を防ぐ方法とは。

アパートに住んでいても引っ越しや家族が増えるなどでもう少し広めのアパートに移るなど様々なタイミングで住んでいるアパートから引っ越す事がありますよね。ですが、違うアパートへ引っ越す際に見落としがちなのがアパートの二重家賃に関する事です。

どういう事かというと、契約書の内容にもよりますが退去して引っ越すなどの場合、一般的に1から2ヶ月前には今住んでいるところの大家さんに引っ越すという事をお知らせしておく必要があります。大家さんに知らせる時期の前には新しくアパート物件を探す方がほとんどだと思いますが、退去する1から2ヶ月前に新しいアパートを契約すると、現在住んでいて1から2ヶ月後に引っ越すまでの間の分の家賃と契約した日から発生する新居の家賃が掛かってしまうという事なのです。それをできるだけ防ぐか金額を少しでも減らすためにはまず、先に現在住んでいる住居の大家さんに引っ越す日を伝えてから新居のアパートを探すという方法があります。次に、まだ建っていない新築物件を探すという方法もあります。

新築アパートの場合は入居日が1ヶ月以上先という場合も多いため、その日に合わせて退去する事を知らせればうまくいけば二重家賃も掛からないか必要最低限の金額しかないので賢い方法だといえます。

比べてお得!

Copyright (C)2017アパート1階を借りた場合のメリット.All rights reserved.