アパートは基本的には賃貸住宅として住むものですが、アパートを所有して貸して収入を得る人もいます。

アパート1階を借りた場合のメリット
アパート1階を借りた場合のメリット

住まいとしての、収入源としてのアパート

3年前に持ち家一戸建て住宅を新築しましたので、アパートを借りることはおそらくないだろうと思います。アパートの定義はよくわかりませんが、マンションあたりに比べると、構造的に鉄筋コンクリートではないようなイメージがあります。そのため、隣家や上下の階の部屋の住人次第では、騒音が問題になることもあります。その分、マンションよりは家賃が安いかなという気がしますが、築年数によって左右されるようです。また、マンションは高層建築のイメージがありますが、一方アパートは階がせいぜい3階までのイメージがあります。

基本的にアパートは家賃を払って借りるものですが、世の中には賃貸用アパートを所有して、家賃収入という不労所得を得ることができる人もいます。サラリーマンは、就業規則等により基本的にアルバイトが禁止されていますので、副収入がありません。物価も高くなりますが、給与はそこまで上がりませんので、生活は厳しくなってきます。そうなるとアパートのような不動産収入があることはとても大きいです。アパートになると、価格も高いですし、また補修費などのメンテナンスの費用もかかりますので、例えば同じ不動産でも駐車場経営ができればいいのにと思います。

Copyright (C)2017アパート1階を借りた場合のメリット.All rights reserved.