アパートを借りる時は、不動産業界独特の用語を多く耳にする場合が殆どです。敷金等の意味を理解することが大切です。

アパート1階を借りた場合のメリット
アパート1階を借りた場合のメリット

アパートを借りる際に耳にする不動産用語を理解しよう。

アパートを借りる際、不動産の独特な用語が飛び交う場面も多く見受けられます。そして、まず最初に耳にする特殊な用語としては「敷金」などが挙げられます。これは、ごくかいつまんで言えばアパートの保証金みたいなものです。入居者に万が一、家賃の滞納があった場合、この敷金を家賃の代わりに充てるシステムと思って間違いないでしょう。この敷金は、部屋を綺麗な状態に保っていれば、退去時に返して貰えるといった大きな特徴があります。また、敷金と並んでよく耳にするのが「礼金」です。こちらは、アパートのオーナーに対して礼を尽くす意味で支払うお金で、手元に返ってくる性質のものではありません。

さらに「仲介料」という用語も理解しておく必要があります。物件を紹介してくれた不動産業者に、家賃の1か月分を支払ったお金が仲介料と言えるでしょう。この仲介料と同じように、家賃の1か月分を支払う性質のあるものとしては「手付金」が挙げられます。このお金を支払っておけば、不動産屋さんがアパート物件を押さえておいてくれるといったメリットがあります。そして忘れてならないのが「共益費」で、共用部分の電灯等の費用に充てられる場合が殆どです。また、数年ごとに支払う「更新料」も、不動産業界でよく耳にする用語であると言えます。

比べてお得!

Copyright (C)2017アパート1階を借りた場合のメリット.All rights reserved.