主人が賃貸アパートで生活をしていた時に、下の階に引っ越しをしてきたおじいちゃんからおせんべいを頂きました。

アパート1階を借りた場合のメリット
アパート1階を借りた場合のメリット

アパート暮らしをしていた主人

私の主人は、結婚をする前にはとある賃貸アパートを借りて、そこで一人暮らしをしていました。その一人暮らしをしていたアパートは、とても小さな部屋でしたが、とても眺めが良い、とても素敵なアパートでした。初めての賃貸でのひとり暮らしでしたので、余計にそういった良い思い出が強いのかもしれません。そして、主人が一人暮らしを初めて数年がたった時、下の階にひとりのおじいちゃんがひっこしをしてきました。挨拶をしたら挨拶をしかえしてくれるような、とても温和な気の良いおじいちゃんでした。息子さんとは別々に生活しているようでしたが、たまに遊びには来ているようでした。そのおじいちゃんが引越しをしてきてからしばらくたったあと、主人が仕事から帰宅すると、自分の駐車場にそのおじいちゃんの車が止まっていたそうです。

すぐに間違ってしまったんだと気付き、代わりにそのおじいちゃんの駐車場に車を止めたと主人は話していました。そして、朝になるとおじいちゃんから謝罪とおせんべいをいただいたと聞きました。どうやら、暗かったために間違ってしまったとのことでした。おせんべいをいただけたことも何だか心があったかくなる話でした。とてもあたたかいきもちになる、主人の一人暮らしをしていたアパートでの話でした。

比べてお得!

Copyright (C)2017アパート1階を借りた場合のメリット.All rights reserved.