アパート経営とマンション経営は、どんなところにそのメリットとデメリットがあるのでしょうか。

アパート1階を借りた場合のメリット
アパート1階を借りた場合のメリット

アパート経営とマンション経営

賃貸経営にはアパート経営とマンション経営とに分かれますが、どちらも一長一短があります。アパート経営というのは一棟売りの経営方法であり、マンション経営というのは一戸売りの経営方法です。一概にどちらが良いかということは言えませんンが、メリットとデメリットの整理はしておくべきです。

アパート経営のメリットとしては、一棟すべてを自己で所有するわけですから、自分の思惑通りに事を運べるというところです。つまり意思決定が迅速に行えるということであり、この点建物の一部しか保有することのできないマンション経営よりも優れていると言えます。一棟と土地とを所有していますから、その分担保価値も上がり、マンション経営よりも融資を受けやすいという部分も利点であると言えます。

それに対してマンション経営は、その建物の構造的な部分でアパート経営に優位します。アパートというのはほとんどが木造建築ですから、耐久性に劣っています。しかしマンションは鉄筋造りがだいたいであり、それは建物そのものの価値の高さだけでなく、賃貸物件としての魅力もアパートよりも優れていると言えます。アパートは、どうしてもマンションよりも賃料を低くしなければ入居者が集まりにくく、その点、マンション経営は入居者を集めやすいと言えます。

Copyright (C)2017アパート1階を借りた場合のメリット.All rights reserved.