アパートは、昔の文化住宅やコーポとも類似点がありますが、時代とともに住宅建築の呼び名が変化したのです。

アパート1階を借りた場合のメリット
アパート1階を借りた場合のメリット

アパートの品格を上げたものがコーポです

アパートと言う響きは大衆の匂いがするのは、その歴史からの印象かもしれないのです。そのアパートは大正末期から昭和の時代には、関西地域を中心に文化住宅と呼ばれた時があったのです。それは日本の高度経済成長期に建てられたものが主流ですが、そのイメージでの文化住宅と言う響きに日本の時代のよさを感じさせます。それは当時では、洋風の最先端をいった住宅様式でもあったのです。それが時代とともに貧弱な外装と設備からアパートと言う差別化が生まれた歴史です。それから高級なイメージを持つマンションに人気が移ってしまったのです。

そのアパートの品格を高くして、外観を新しくしたのをコーポと呼ぶ建物住宅が出来たのです。それもアパートと差別化を行うものですが、集合住宅での賃貸契約を行って住居する建物です。ですからコーポとアパートの違いは、余り存在しない微妙な住宅表現方法です。それでも住居スペースが、狭い印象を受けるアパートです。ですから単身用の住居形態として、アパートで賃貸を行う人が多いのです。しかしその点では、マンションにも狭いスペースは存在します。ですから建てた年代での建築物として、マンションとアパートの違いもがあります。その為に近頃では、高層ビルを建設する為にアパート自体は、低層住宅である印象があります。しかし住宅地域に建てるマンションは、建築法の関係から低層の高級住宅です。その場合には、決してアパートとは、呼ばない住居建物です。つまり、時代とともにアパートやマンションと呼ぶ呼び名になったとも言えるのです。

Copyright (C)2017アパート1階を借りた場合のメリット.All rights reserved.